競馬予想TV

競馬予想TVではおもに中央競馬で行われる重賞競走の予想情報をお届けしていきまぁす。

皐月賞(GI)へ向けて

4月15日、中山競馬場の芝2,000mで皐月賞が開催されますが、その皐月賞へ向けて着実に力をつけている、ゴールドシップに焦点を当て、戦績などを振り返ってみようと思います。

ゴールドシップは、父親がステイゴールド、母親にポイントフラッグ、母父がメジロマックイーンという血統で、父親と母父が去年の三冠馬オルフェーヴルと同じ配合であり、期待しない方が難しいサラブレッドです。

2009年の3月に産まれ、2011年の夏、7月9日に新馬戦でデビュー。

ディープインパクト産駒のサトノヒーローが断然1番人気の支持を集めますが、ゴール前、アタマ差かわし、デビュー戦での勝利を飾ります。

2戦目はオープン戦のコスモス賞。1番人気となって向かえた本番、中段から追走し、またもや差し切り勝ちを収めます。

そして3戦目に重賞初挑戦。札幌2歳ステークス(G)に出走し、今までと変わって後方からの競馬を展開。メンバー中最速の脚を使うも、1番人気のグランデッツアに半馬身及ばず2着と、惜しくも敗れてしまいます。

続く4戦目は、クラシックを意識した陣営が朝日杯を蹴ってまで選択する、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ臨みます。

ここでも後方からの競馬を展開し、直線を向く頃には5番手まで捲り気味に進
出。

前走で敗れたグランデッツアにハナ差勝利するも、ディープインパクト産駒のアダムスピークの後塵を拝する結果となってしまいました。

これで重賞2連続2着と、賞金を加算していますが、そろそろ重賞勝利を果たしたいところです。

年が明けて3歳となって初戦、共同通信杯(G)に挑みます。

ここではクラシックへ向けての最有力馬、東京スポーツ杯2歳ステークス(G)を圧勝したディープブリランテとの対戦を迎える事となりました。

レースは意外にもディープブリランテが逃げるかたちで進み、ゴールドシップはディープブリランテを意識してか、3、4番手を追走。

最後の直線で叩き合いとなりましたが、3ハロン33.3の脚でディープブリランテを1.3/4馬身離し、とうとう重賞初勝利を挙げる事となりました。

中団後ろ目でも良し、前目でも良し、レース展開によって合わせられる器用さも見せてくれたゴールドシップ。

皐月賞でも期待しています!!

今年は皐月賞の予想をするのが楽しみですね。
  1. 2012/03/12(月) 14:21:29|
  2. 皐月賞予想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<JRA GI 桜花賞 | ホーム | 天皇賞(春) 京都 芝 3,200m GI>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://keiba1116.dtiblog.com/tb.php/5-cd2a81a9
| ホーム |

よっしー

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約