競馬予想TV

競馬予想TVではおもに中央競馬で行われる重賞競走の予想情報をお届けしていきまぁす。

GI 宝塚記念 6月24日 JRA

宝塚記念の前哨戦である、目黒記念(G)が開催されましたので、結果などをお伝えしていこうと思います。

ダービーで盛り上がりを見せた5月27日の東京競馬場で、メインレースの後に行われる目黒記念。

距離は2,500mでハンデ戦のレースとなっている訳ですが、まず1番人気は前走で
オープン戦のメトロポリタンステークスに勝利したスマートロビンが初重賞勝利を狙って参戦します。

2番人気は同じくメトロポリタンステークスで2着となったタッチミーノット
が推されました。

3番人気に、前走の京都記念(G)で重賞2勝目を挙げたトレイルブレイザーが約3ヶ月振りにレースへ復帰。

トップハンデの58kgでの出走となります。

4番人気が天皇賞(春)で6着と好走したユニバーサルバンク、5番人気が重賞で常に上位争いを演じているダノンバラードと、ここまでの5頭が単勝オッズ7.0倍以下と人気が割れるかたちとなりました。

レースはブラックホーク産駒のセイカアレグロが先頭に立ち、スマートロビンが2番手を追走。3番手にダノンバラード、4番手にトウカイパラダイス、その後ろをタッチミーノット、トレイルブレイザー、ユニバーサルバンクと続き、上位人気5頭が前目につけるかたちとなりました。

第四コーナーに差し掛かると、タッチミーノットがややポジションを下げ、トウカイパラダイスとユニバーサルバンクがややポジションを上げ、いよいよ最後の直線を迎えると、セイカアレグロが早々に脱落する中、スマートロビンとダノンバラード、トウカイパラダイス、ユニバーサルバンクが激しい叩き合いを演じます。更には前残りかと思われる中で中団やや後方からコスモロビンが溜めていた末脚を使い、一気に先団に取りつく勢いでせまってきます。

結局この混戦を制したのは、1番人気のスマートロビン。2番手から長い良い脚を使って、2着のトウカイパラダイスに1 3/4馬身の差をつけて完勝。見事に重賞初制覇を達成する事となりました。3着には追い込んできたコスモロビンが入選し、4着にダノンバラード、5着にユニバーサルバンクという結果となりました。

獲得賞金的に、スマートロビンが宝塚記念に出走出来るとは思われますが、もし宝塚記念へ出走する事となった場合、一気に3連勝でGIタイトルを手にする事が出来るのか、注目していきたいと思います。
  1. 2012/06/13(水) 10:15:45|
  2. 宝塚記念予想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

2012年 安田記念 JRA GI

安田記念のステップ競争に指定されているヴィクトリアマイル(GI)が終わりましたが、今年はヴィクトリアマイルから安田記念へ向かう牝馬はいるのでしょうか?近年ではウオッカやブエナビスタが参戦していましたが、中2週と間隔が短い為、正直判断は相当に難しいと思います。

それでは参考にヴィクトリアマイルを振り返ってみましょう。

1番人気には、牝馬GI5勝を挙げているアパパネが連覇を目指します。

しかし近走での不調から、単勝オッズは4.0倍と、圧倒的な1番人気とはなりませんでした。

2番人気には前走で福島牝馬ステークス(G)で初重賞勝利を挙げたオールザットジャズ。条件戦を連勝し、2戦連続で重賞連対と、目下4戦連続連対中で、上がり馬といって良いでしょう。

力をつけての挑戦です。3番人気には、去年の桜花賞を制して以来勝ち星から遠ざかっているマルセリーナ。

前走の阪神牝馬ステークス(G)で、その桜花賞以来の連対を果たし、復活を印象付けました。

4番人気には悲願のGIタイトルを目指すホエールキャプチャ。

前走の中山牝馬ステークス(G)では5着でしたが、休み明けという事と、レース展開が難しかった事もあり、今回は仕上げてきているのではないでしょうか。

今まで出走した全てのレースで掲示板を外した事がなく、安定度は抜群です。

5番人気には前走の阪神牝馬ステークスで3着の、重賞3勝フミノイマージン。

こちらもGIタイトルを虎視眈々と狙います。

レースが始まり、まずハナに立ったのは前走阪神牝馬ステークスで逃げ切り勝ちを収めたクィーンズバーン。

良血ドナウブルーが続き、ホエールキャプチャとエーシンハーバーがその後ろ。

アパパネが8番手あたりにつけ、オールザットジャズとマルセリーナ、フミノイマージンが13番手の後方からレースを展開。

オールザットジャズは多少遅れた感もあり、フミノイマージンと供に第四コーナーでは16番手までポジションを下げます。

直線に向くと、クイーンズバーンが逃げ切りを狙いますが、東京競馬場の直線は長く、中々厳しい展開。各馬が仕掛ける中、ホエールキャプチャが他馬を引き付け、一段落置いてからジョッキーのゴーサインに応え、手応え十分で進出し、前にいるドナウブルーを追います。

アパパネは周りに包まれ出られないか。ここで後方からマルセリーナが追い込みます。

メンバー中最速の上がりタイム、3F33.5秒の脚を繰り出しますが、ドナウブルーとホエールキャプチャとの差が中々縮まりません。いよいよ2頭の叩き合いとなりましたが、ドナウブルーが外外にヨレてしまい、距離をロスしてしまいます。このロスをホエールキャプチャが見逃さず、しぶとく伸びてゴールイン。見事にGIタイトルを初戴冠する事となりました。

ホエールキャプチャは今年まだ2戦しかしておらず、レース後も元気な様子が報告されていました。

安田記念への出走はあり得るかもしれませんね。
  1. 2012/06/02(土) 12:13:13|
  2. 安田記念予想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |

よっしー

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約