競馬予想TV

競馬予想TVではおもに中央競馬で行われる重賞競走の予想情報をお届けしていきまぁす。

天皇賞(春) 京都 芝 3,200m GI

春の天皇賞といえば、どの馬が勝ったレースを思い出しますか?

私の記憶に一番強く残っている天皇賞(春)は、2006年開催のディープインパクトが勝ったレースです。

ディープインパクトは、天皇賞(春)へ向けたステップレースに、阪神大賞典(G)を選択し、梢重の馬場をものともせず、2着のトウカイトリックに3.5馬身差をつけて完勝。前年の有馬記念で生涯唯一となる、国内レースでの黒星を喫したショックを払拭し、本番に臨む事となりました。

そしていよいよ迎えた天皇賞(春)。

単勝オッズ、1.1倍という驚異的な支持率は、さすがクラシック三冠馬です。

小柄ながらも圧倒的な強さを見せるディープインパクトに、競馬ファンのみならず、競馬関係者も注目した事と思います。

ゲートが開き、ディープインパクトは17頭中、14番目でレースを進めます。

出遅れ癖がありながらも強いところに茶目っ気を感じますね。

3,200mの長丁場ながらも、第3コーナーでは既に4番手まで進出。

そして第4コーナーでは早くも先頭に立ち、直線に向かうと、まるでここまで体力を使っていなかったかの様な豪脚を披露。

上がり3ハロンのタイムが33.5秒という尋常ではない速さを見せつけ、走破タイム3分13.4秒というレコードタイムで見事に勝利。

2着のリンカーンも今までのレコードタイムを超える走りを見せたものの、ディープインパクトから3.5馬身の差を付けられてしまい、無念の敗北を喫する事となりました。

春の天皇賞後も、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念のGIタイトルを戴冠し、数々の記録を打ちたてたディープインパクト。

今後は種牡馬として、益々の活躍をしてくれる事を祈りつつ、同じ様な走りっぷりを見せてくれる仔が現れるのを、心待ちにしようと思います。

天皇賞(春)の父仔制覇も、そう遠くない日に達成される事でしょう。
  1. 2012/03/24(土) 13:41:16|
  2. 天皇賞(春)予想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |

よっしー

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約